稼げる短期アルバイト

稼げる短期アルバイト

短期で稼ぐなら引っ越し業

学生のころの春休みに引っ越し業者の短期アルバイトをしていました。
春季は新生活がスタートする季節柄、引っ越し業者においては繁忙期のようでした。
朝早くから夜遅くまで、毎日平均2件ほどの引っ越しの手伝いをしていたので2週間あまりの短い期間でも10万円近くは稼ぐことができました。

 

仕事内容としては、男性アルバイトでもタンスや家電などの重いものを運んだり、女性ですとお皿や小物類を段ボールに詰めていく作業でした。
体力的にはかなりの重労働ですが社員のかたも大変良い方ばかりだったので働きやすかったです。

 

また、市内だけでの仕事にはなりますが毎日毎日、作業をするお宅は違うので移動時間も楽しかったです。
きちんと食事や休憩もありますので待遇も良かったです。

 

また、当時はまだ学生ということもあり、よそのうちでのマナーや敬語の使い方はサービス業ということもありきちんと教育をしていただいたので大変身に付きました。
自分が引っ越しをする際にも役に立てるようなノウハウも身につくので短期のバイトとしては大変ありがたいことでした。

 

もし、学業などで一年間を継続して同じバイトが難しい方にはこういった休暇中に多く稼げるバイトではあるのでお勧めしたいと思います。

 

 

試験監督のバイト

私の短期バイトの体験談

私は学生の時に、週末だけ販売の仕事をしていました。
スーパーやデパートの食品売場で試食を配る仕事だったのですが、毎週同じ場所で売ることはほとんどなく、いつも異なる場所で異なる商品を販売していました。
なので、さまざまな商品の知識や、バリエーション豊かなセールストークを身に付けることが出来ました。

 

試食を配る時にお客様と会話をするのですが、最初は気付けなかったことに次第に気付けるようになりました。
例えば、今お客様が急いでいるのか、ゆっくり選びたいのか、会話したいのか、もっといろいろな商品を紹介して欲しいのかなどです。
お客様の気持ちや状況を察して、商品を提案したりいろいろなお召し上がり方法をお伝えすることで、より一層満足して貰えるキッカケになれたと思います。

 

そして毎回さまざまな場所に行くので、関わるスーパーやデバートの社員の方も毎回違っていて、いつも勉強になりました。
商品の陳列も、店によってまったく異なっているので、これはなぜこうゆう陳列なんだろうと想像しながら働くのも楽しかったです。

 

働いていて一番良かったのは、仕事で得た商品知識が日頃の生活に活かせたことです。
試食も自分で調理したものを提供することもあったので、料理の腕も上がったし、日によってお買い得なお店の情報も自然と知ることが出来たので、体験して本当に良かったと思っています。

ホーム RSS購読 サイトマップ